この記事は約 2 0 秒で読めます。

サラリーマンの約半数が、実は何らかのうつ状態にあると言われる現代日本。うつ病はもはや他人事ではありません。

職場にうつ病で仕事を休職したり、辞職したりした人がいることは稀ではない時代です。

ですが、仕事とうつ病の関係、こればかりは実際にうつ病にならないとどのようになるのかがわかりませんよね。では、うつ病になった際、一体会社は、仕事は、どのようになっていくのでしょうか。

うつ病になったら仕事はどうなる?

うつ病の特効薬をご存知ですか?うつ病にはその様々な症状に対処する西洋医学処方のお薬が何種類もあります。しかし、本当の特効薬はやはり「しっかり休養をとること」なんですね。

ただ、家族も抱え、ある程度の責任ある仕事も背負い、長期の休暇をとるなんて、現実的にはなかなか難しい話ですよね。

しかも、休養をたとえ取れたとして、復職した際に以前と同様の扱いをしてもらえるかはわかりませんし、現在の社会では、おそらく同じようにしてもらえないのが普通でしょう。

とても残念なことですが。そもそも、うつ病になりやすい人は真面目な性格の人が多いので、「会社に迷惑をかけるくらいなら」と辞職してしまう人の方が多いのが現実ではないでしょうか。

ですが、ここまで仕事で頑張ってきた人だからこそ、仕事においてうつ病を発症してしまったかもしれないのです。

ここでかけた迷惑は、復職してからたくさん返しますから!として、一旦は辞職ではなく「休職」という道を選ぶことをお勧めします。

SPONSORED LINK

休職という制度

休職というのは、会社に籍は残している状態で、一時的に仕事を休むということです。

大部分の(まともな)会社では、正社員を対象にしているところがほとんどではありますが。「病気または怪我で働けなくなった場合、しばらく休み回復を待つ」という制度があるはずです。

しかしながら、ある程度の規模の会社でも、休職制度を設けていない会社も実際は存在します。

こうした制度の有無は、とにかく就業規則をしっかり読むことから始まります。休職の他にも、傷病休という制度のところもあります。とにかく就業規則を一度しっかり読みましょう。

そして休職制度や傷病休制度がある場合は、それは社員としての当然の権利ですので、会社にきちんと届け出て休暇をとりましょう。

会社を休職できた場合

就業規則の運用により、会社を休職できた場合、休職期間のあなたの扱いはどのようになるのでしょうか。

休職期間は会社に籍がありますので、そうした制度を持つ会社の多くは、休職期間中も給料を出す会社はあります。

ただ、この時の給料は基本給の○割とか、基本給が低く、能力給が高い場合は基本給のみとか、そうした給与になります。

つまり、今まで貰っていた額からは明らかに下がるということは肝に銘じておきましょう。

さらに、これはその会社のスタンスによりますが、休職期間が長くかかった場合に、休職をしていない同期よりは昇進のスピードが遅くなることは否めないかもしれません。

ただ、これらのことに目を瞑っても、休職によって病気が回復するなら、休職制度を利用しない手はありません。それに、今まで一生懸命取り組んできた仕事であるなら、休んでいるうちに、だんだん仕事をまたしたくなる気持ちがしっかりと育まれてきます。

しかも、休職をしている間に、見えなかったものが見えるようになり、人間的に大きく深くなれたりもします。そのことを、復職したら活かしていけばよいのです。

申し訳ないと思うのであれば、まずはきちんと病気を治してから、復職に向けて心を準備していきましょう。

会社を休職できない場合

会社の就業規則に休職の制度がない場合は、まず現在の仕事内容を見直せないかどうか、上司や幹部に話をしてみてください。

配置転換を申し出てみるとか。仕事内容を変えてもらうとか。もし配置転換などがすぐにできない場合も、週に1度の有給取得を承諾してもらうなど、少しでも自分の心身が休める方向に話し合いをしてみてください。

しかしどうしても病気のために会社を辞めざるを得ない状況になった場合は、健康保険組合から、まず傷病手当が給与の3分の2程度の額、支給されます。

この傷病手当は1年6か月の間、受け取れる手当であり、その後もうつ病の症状が回復していなければ、傷病手当がなくなってから失業手当を受けることも可能です。

うつ病の状態によってすぐに復職が不可能であれば、少しずつ就職活動をしながら、失業手当を受け取るようにしてみるとどうでしょうか。

The following two tabs change content below.
うつ病対策のためにできること

うつ病対策のためにできること

このサイトでは辛いうつ病の症状を和らげたり、うつ病を改善するためにどうしたらいいのかという情報を配信しています。家族がうつ病に罹患してしまったときにどうしたらいいのかということも載せているのでチェックしてみてください。